リール

【2019年 ダイワ スピニングリール レグザ】インプレ・レビュー!アルミでタフボディー !

この記事の最終更新日は2019年1月10日ですので、古い情報を掲載している可能性があります。その点ご理解のうえ読んでいただけると助かります。


【2019年 ダイワ スピニングリール レグザ】インプレ・レビュー!アルミでタフボディー !
画像出典元:ダイワホームページ
新しくダイワから「スピニングリール レグザ」の発売が決定されました。
2019年の1月〜2月の中旬あたりから、販売が開始されるようです。

今回は「19スピニング レグザ」の特徴などを紹介します。

その他の2019年発売予定の新作リールは下の記事で紹介しています↓↓

【2019年 新作ベイト・スピニングリール まとめ】シマノ、ダイワ、アブガルシア! 2019年に発売されるベイトリールとスピニングリールをまとめてみました。 今後新しい情報が入り次第追記していきます。 2...

19スピニング レグザ スペック

番手は2500番から6000番まで。
2500番ならバス釣りでも使えそうなリールですね。
ソルト対応なので、海釣りを想定しているモデルのようです。

2019年 ダイワ スピニングリール レグザの特徴

LT(LIGHT TOUGH)

ボディ、スプール、ハンドルといった細部までの徹底した軽量化へのこだわり。リールの心臓部となるギア、そしてそれを包み込むボディのマテリアルをよりタフなものへと進化させ生まれたダイワ小型スピニングの新基準、それがLT。

ボディ、スプール、ハンドルといったいたるところまで軽量化しているとホームページに書いてありましが、2500番で235gですので、まぁ高めのリールと比較してしまうと、重いです。

ただそのぶんTOUGH(タフ)にできているのだと思います。

MAGSEALED(マグシールド)

最近のダイワのスピニングはほぼMAGSEALED(マグシールド)だったと思いますが「19 レグザ」もマグシールド構造をしています。
このマグシールドというのは、ボディとローターの隙間に磁性を持つオイルの壁を作ることで海水や埃などの侵入をシャットアウトするダイワ独自の防水構造のことを言います。

かなりの防水構造をしているので、長期間買った頃の回転性能を維持できるようです。

ATD

従来よりも滑り出しがスムーズなドラグシステム「ATD」を採用しています。
滑り出しがスムーズなので、ラインブレイクしにくく魚に違和感を与えにくいので暴れてフックオフなどがしにくくなっています。

AIR ROTOR(エアローター)

ローター革命とも言うべき独特の形状を持つエアローター。独特の最適リム形状により負荷が分散することで、同等の強度で大幅な軽量化を実現。ローターの軽量化は自重の軽減につながるだけではなく、回転レスポンスが向上することにより、リール自体の『巻き感度』にも寄与。新軽量エアローターの採用は、エキスパートも唸らせる、クラスを越えたレスポンスの高い回転性能を実現した。

エアローターを搭載していますので、回転レスポンスの向上と、気持ちのよい巻きごごちを実現できるとのことです。

タフデジギア

【2019年 ダイワ スピニングリール レグザ】インプレ・レビュー!アルミでタフボディー !
過酷な環境でも耐えられる「タフデジギア」を搭載しています。
タフで滑らかな回転を長期間維持できるギアシステムです。

まとめ


「2019年 ダイワ スピニングリール レグザ」を簡単にまとめると、ソルト対応で、アルミボディのタフなスピニングリール!。
そんなところでしょうか!?
価格は15000円程度で購入できるので、コスパのよいスピニングリールだと思います。

気になる方はアマソン、楽天、ヤフーショッピングでチェックしてみてください↓↓

その他の2019年発売予定の新作リールは下の記事で紹介しています↓↓

【2019年 新作ベイト・スピニングリール まとめ】シマノ、ダイワ、アブガルシア! 2019年に発売されるベイトリールとスピニングリールをまとめてみました。 今後新しい情報が入り次第追記していきます。 2...
ベイトフィネスリール おすすめ10選の紹介!!