釣り雑学

【2018年 埼玉 入間川のバス釣りポイント20選】ブラックバスの釣れる場所!

【2018年 埼玉 入間川のバス釣りポイント20選】ブラックバスの釣れる場所!
入間川のバス釣りのポイントを20箇所紹介します。
ネットで公開している場所や自分で実際に釣果が出たポイントになります。

ブラックバスが釣れないと悩んでいる方は、実際に行ってみて下さい。
季節や水量によって釣れる場所は変わってきますが、どこもバスが釣れた実績のあるポイントです。

飯能市 加治橋付近


加治橋付近でも釣れますが、いちばん釣れるのは成木川と入間川の合流地点のところです。
アングラーがたくさん入りますのでスレバスが多いですがでかい「スモールマウスバス」が狙えるポイントになっています。

狭山消防署裏の堰


この場所は季節よっては堰下のたまりにスポーニングするバスがいます。
堰北側の水深が深い場所ではラージマウスバスが釣れるようです。

昭代橋下流


昭代橋下流域もバス釣りのポイントになっています。
北岸側足元のコンクリートブロックの際が狙い目のようです。

新富士見橋付近


新富士見橋付近はバス釣りのポイントになっています。
特に水深が深い部分を狙ってみて下さい。

一通橋堰下付近


堰下の流れの中がいちばんのポイントです。

入間川、成木川合流地点を少し登った堰


入間川との合流地点から成木川に入って少し上って行くと小さな堰があります。
水量によって釣果は変わってきてしまいますが、うまくいけばスモールマウスバスが狙えるポイントになっています。

広瀬橋下流


この場所はよくヘラ師がいるので入りづらい点もありますが、ラージマウスバスが釣れる貴重なポイントになっています。

広瀬橋上流


広瀬橋から上流にいった場所もバス釣りのポイントになっています。

八高線下


八高線下もスモールマウスバスが釣れるポイントになっています。
小バスが多いイメージです。

上州屋裏


入間川の上州屋裏といえばバス釣りをする人なら誰でも知っているポイントです。
上州屋の店員さんに以前に聞いたら最初に教えてくれたポイントがここでした(笑)

西部文理前


ここ付近は広範囲において小さいバスが釣れるポイントになっています。
意外と冬の寒くなってきた時期でも釣れるポイントということでも有名です。
ここから上流2キロぐらいまでは釣れるのでランガンしてください。

加治橋から下流に行った流れ込み


加治橋から下流に行った流れ込みやテトラ付近はよく釣れる場所です。

西武線下の堰


西武線下に堰がありスモールマウスバスの釣れるポイントになっています。
少し下流は岩盤状になっていてバスが隠れやすくなっていますので、うまくドリフトさせてワームでちょこちょこやってみてください。

笹井ダム


バス釣りをしている人なら誰でも知っているくらいのメジャーなポイントです。
堰の上もポイントですし、堰手前のテトラ付近もポイントになっています。

豊水橋下


豊水橋の下から下流にかけてもスモールマウスバスのポイントになっています。

八瀬大橋下


八瀬大橋下付近はスモールマウスバスのポイントになっています。
ワームをドリフトさせてバスをゲットしちゃって下さい。
子バスが多いですが、数釣りができる場所でもあります。

川東武東上線下


ここも有名な人気のメジャースポットになります。堰付近がいちばんのおすすめスポットです。

釣り禁止の場所もあるから注意が必要


入間川のバス釣りのポイントを紹介してきましたが、もしかすると釣り禁止になっている場所もあるかもしれませんので注意して下さい。
釣り禁止になっている場合は看板などがたっていると思います。

スモールマウスバスを釣るなら

【入間川のバス釣りポイント20選】釣れる場所にいけば誰でも釣れる!
入間川に生息しているバスは、2割がラージマウスバスで8割くらいがスモールマウスバスです。

上で紹介しているポイントで釣れるブラックバスは、「スモールマウスバス」だと思って下さい。

とりあえずスモールマウスバスを釣るなら「イモグラグ40」があれば簡単に釣れます。
まぁ他のワームでも釣れますが、いちばん初心者に使いやすいのが「イモグラグ40」だと僕は思っています。

  • ノーシンカーで釣れるのでリグのセッティングが楽(流れが強い場所ではネイルシンカーを入れて重量の調整)
  • オフセットフックで使用すればかなり根掛かりがしにくい
  • ドリフトでよく釣れる

上記の理由から、初心者の人には「イモグラグ40」をおすすめしています。

どのポイントに行くか迷った場合は

【2018年 埼玉 入間川のバス釣りポイント20選】ブラックバスの釣れる場所!
これだけポイントを出すとどこに行けばいいか迷ってしまいますよね。
そんな時はとりあえず「堰」のあるポイントに行ってみて下さい。

あくまで僕の実績になりますが、「堰」があるポイントがいちばん釣果はが良いです。

とりあえず「堰」があると流れ込みがあり「サラシ」ができてスモールマウスバスの絶好の生息場所になります。

冬でもバスを釣りたい人は

【2018年 埼玉 入間川のバス釣りポイント20選】ブラックバスの釣れる場所!
冬でもバスを釣りたいという人は、生活していて出る温排水や工場の温排水が出ている場所を狙うといいです。
多摩川は冬でも水温が高いので釣れる事で有名です。

冬でもバスを釣りたい人は多摩川にいってみてはいかがでしょうか!↓↓

【多摩川 冬のバス釣り】川スモールのポイント 立日橋(たっぴばし)冬のバス釣りはほんと難しい・・・ だけど、youtubeを見ていると、川スモールが釣れている動画も多数あるんですよね~。 その中...

最後に

季節や水量によって釣れる場所は変わってきます。

今回紹介したポイントにいけば絶対に釣れるというわけではありませんが、参考になれば幸いです。

ベイトフィネスリール おすすめ10選の紹介!!