リール

【ダイワ 19 アルファスCT SV70 インプレ】30mm径SVスプールを搭載のベイトリール!

この記事の最終更新日は2019年1月10日ですので、古い情報を掲載している可能性があります。その点ご理解のうえ読んでいただけると助かります。


【ダイワ 19 アルファスCT SV70 インプレ】30mm径SVスプールを搭載のベイトリール!
ダイワから新作2019年モデルのアルファスCT SV70の発売が決定されました。
今回は「19 アルファスCT SV70」のスペックを紹介します。

※新しい情報が入り次第追記していきます。

その他の2019年発売予定の新作リールは下の記事で紹介しています↓↓

【2019年 新作ベイト・スピニングリール まとめ】シマノ、ダイワ、アブガルシア! 2019年に発売されるベイトリールとスピニングリールをまとめてみました。 今後新しい情報が入り次第追記していきます。 2...

19 アルファスCT SV70 スペックや特徴

  • 自重:170g
  • ギア比:H=6.3、SH=7.2
  • 巻取り長さ:H=59㎝、SH=68㎝
  • 糸巻量:12ポンド70m
  • 最大ドラグ力:4.5㎏
  • ベアリング:6+1(ローラー)
  • 価格:31,200円

アルファスと言えば、2016年に発売されたアルファスAIRが最後になりますが、今回の「19 アルファスCT SV70」はどのように変わったのでしょうか!?

自重は170gですので、ベイトフィネスリールまではいきませんが、軽量化はされているようです。
ちなみにベイトフィネスのアルファスAIRは165gですので、重量はほぼ一緒ですね。

【ダイワ アルファスエア インプレ】SS AIRと比較レビュー! ダイワのアルファスエアのインプレと、これより上位機種「SS AIR」との簡単な比較レビューをします。 ダイワ アルファスエア ...

それと実際に販売される価格は2万5千円くらいになりそうです。

30mm径SVスプールを搭載

「19 スティーズCT SV TW」同様30mm径のSVスプールを搭載しています。軽量スプールを搭載したことにより、軽いルアーはかなり投げやすくなると予想されます。

糸巻き量も12ポンドを70m巻けるということで、そこそこ太いラインでも長く巻くことができて、軽量ルアーが投げられるという感じでしょうか!?

最後に

今後新しい情報が入り次第、この記事に追記していきます。

その他の2019年発売予定の新作リールは下の記事で紹介しています↓↓

【2019年 新作ベイト・スピニングリール まとめ】シマノ、ダイワ、アブガルシア! 2019年に発売されるベイトリールとスピニングリールをまとめてみました。 今後新しい情報が入り次第追記していきます。 2...
ベイトフィネスリール おすすめ10選の紹介!!