ウェアラブルカメラ

HDCool ウエアラブルカメラ「HC8000、HC7000、HCN5000」3機種比較・レビュー

この記事の最終更新日は2018年11月5日ですので、古い情報を掲載している可能性があります。その点ご理解のうえ読んでいただけると助かります。


 

HDCool ウエアラブルカメラ「HC8000、HC7000、HCN5000」3機種比較・レビュー
中華製のウェアラブルカメラは価格が非常に安く、釣り動画を撮影するにあたり、入門用としてとてもおすすめです。

今回はHDCool というウェアラブルカメラ HCシリーズの比較をします。
型番は「HC8000、HC7000、HCN5000」この3機種です。

スペックの比較

HC8000 HC7000 HCN5000
動画の画質 4K 30fps(最大) 4K 30fps(最大) 4K 30fps(最大)
写真の画質 16MP(最大) 16MP(最大) 20MP(最大)
重量 140g ?(記載なし) 140g
防水機能 30m 30m 30m
バッテリー 1050mAh 900mAh 1050mAh
レンズ 170度広角レンズ 170度広角レンズ 170度広角レンズ
販売開始日 2017年5月8日 2017年5月8日 2017年5月8日
アマゾン評価(最大5) 4.5 4.7 4.8
価格 7990円 6860円 11460円
アマゾンリンク 詳しく調べる
詳しく調べる
詳しく調べる

付属品 比較

HDCoolアクションカメラ:1個
防水ケース:1個
バッテリー(1050mAh): 2個 ※HC7000は900mAh
本体カバー:2個
取扱説明書*:1

【特殊ポータブルパッケージ:】
自転車用ブラケット、台座、バッククリップ、 クリップ、固定ベース、 スイッチサポート、転換器、ヘルメットペデスタル、包帯、リボン、 マット、 ワイヤケーブル
データケーブル、 シェル、 クリーニングクロス

付属品の内容はすべて一緒でした(バッテリーの容量がHC7000だけ900mAh)

撮影した動画


水中で撮影した動画。安いカメラとは思えないほど綺麗な画質だと思います。

動画はHC8000で撮影したものです。

※専用ケースに入れることにより30m防水になります。
※youtubeの設定で、画質をHDに上げると綺麗な動画が確認できます。

デザインの比較

ほとんど変わりませんが少しだけデザインが違います。HC8000、HCN5000は前面にモニターがついているので、現在のステータスの確認がしやすいと思います。

HC8000
HDCool ウエアラブルカメラ「HC8000、HC7000、HCN5000」3機種比較・レビュー

HC7000
HDCool ウエアラブルカメラ「HC8000、HC7000、HCN5000」3機種比較・レビュー

HCN5000
HDCool ウエアラブルカメラ「HC8000、HC7000、HCN5000」3機種比較・レビュー

ネットでのレビュー比較

3機種とも★4.5以上の評価があり、かなり高評価な商品です。レビュー内容は3機種ともほぼ一緒でした。

  • コスパが高い
  • 写真も動画も思った以上に綺麗に撮れる
  • この値段でアクセサリーが大量についてくるのがありがたい
  • メニューは日本語、英語、中国語などがあり、カメラの設定は本体とアプリ、両方とも簡単にできる

このような意見が多いです。

まとめ

今回はHDCool ウエアラブルカメラ 「HC8000、HC7000、HCN5000」の3機種を比較しましたが、スペックはほとんど変わらず、動画の画質については3機種とも4K/30fpsでかわらないことがわかりました。

 

HC8000とHC7000の違いはバッテリー容量。
150mAhぐらい違うので、連続撮影時間が多少(たぶん10分ぐらい)変わってくると思います。

HC8000とHCN5000の違いは、カメラ(写真)の解像度のみ(たぶん) です。

それだけで4000円くらい違うので、個人的には値段が安いHC8000の方がお得なような気がします。

総合的に考え、もし僕がこの3機種でどれかを買うとしたら現時点の価格では「HC8000」でしょうか!あくまで個人的な意見でけど。

価格は変動があると思うので興味のある方は、実際に確認してください。

ベイトフィネスリール おすすめ10選の紹介!!