ウェアラブルカメラ

GoPro HERO7 3つのモデルを比較レビュー!Blackは手ぶれ補正が強力すぎる!

ついにGoPro HEROシリーズの7代目「GoPro HERO7」が発売されましたね!
しかも、Black(フラッグシップ)、Silver(ミドルシップ)、White(ローエンド)の3機種、同時発売です!

今回は同時に発売された3機種の比較とレビューをしたいと思います。

GoPro HERO7 比較

 

Black

フラッグシップ

Silver

ベーシック

White

エントリー

チップ 進化したGP1チップ  ×  ×
動画 4K60FPS 4K 30FPS 1440p 60FPS
スローモーション 8×  2× 2×
タイムラプスフォト × ×
タイムラプスフォト間隔 0.5, 1, 2, 5,10, 30, 60秒
タイムラプスビデオ
写真 1200万画素SuperPhoto 1000万画素WDR 1000万画素
RAW × ×
ナイトフォト × ×
連写  30fps  15fps 15fps
防水性能 10m 10m 10m
ISOやホワイトバランスの設定 × ×
音声コントロール
音声起動  × ×
手振れ補正 HyperSmooth
タッチスクリーン
タッチズーム
フロント液晶 × ×
縦向き
自動低光量  ●  × ×
露出コントロール
タイムワープ × ×
ライブストリーミング × ×
HDR
 マイク入力  Pro 3.5 mm
 音声 トリプル ステレオ ステレオ
GPS ×
Wi-Fi
GoProアプリ
レンズ取外し × ×
バッテリー交換 × ×
Karam対応 × ×
【付属品】 1220mAhリチウムバッテリー、フレーム、ベースマウント2種、クイックリリース、バックル、USB-C ケーブル、蝶ネジ

フレーム、ベースマウント2種、クイックリリース、バックル、USB-C ケーブル、つまみネジ

フレーム、ベースマウント2種、クイックリリース、バックル、USB-C ケーブル、つまみネジ

 サイズmm 62.3L×44.9H×33P 62.3L×44.9H×28.3P 62.3L×44.9H×28.3P
質量 116 g 94.4g 92.4g
 価格 53,460円(税込) 41,580円(税込) 31,860円(税込)
  Black  Silver White

今回発売された3機種の比較表を作るとこんな感じになります。
だけど、これだけではちょっとわかりずらいですよね!

下にわかりやすくまとめてみたのでご覧下さい。

HERO7 Black(フラッグシップ)

GoPro HERO7 3つのモデルを比較レビュー!Blackは手ぶれ補正が強力すぎる!
  • 手ぶれ補正がすごい
  • スーパーフォト機能がすごい
  • Facebookにライブ ストリーミングができる
  • 動きながらタイムラプスが可能

上にあげたのはHERO7 Blackのみについている機能です。
それでは詳しく紹介します。

手ぶれ補正がすごい

HERO7 Black(フラッグシップ)は同時発売された他の2機種より手ぶれ補正がかなりよくできています。
手持ちジンバルを使っているぐらい、の映像になるとの噂も!


こちらの動画をみればその良さがわかると思います。
歩きながらどころか、走りながらでも映像のブレを抑えています。

スーパーフォト機能

GoPro HERO7 3つのモデルを比較レビュー!Blackは手ぶれ補正が強力すぎる!
従来のカメラだと光の反射があると綺麗に撮影できなかったりしますが、HERO7 Blackなら、HDR、ローカル トーン マッピング、ノイズ低減を駆使して、どんな明るさや状況でも美しい写真を自動的に撮影することができます。

Facebookにライブ ストリーミング


HERO7 Blackは、リアルタイムで「Facebookにライブ ストリーミング」が可能です。

タイム ラプス ビデオが撮影できる

GoPro HERO7 3つのモデルを比較レビュー!Blackは手ぶれ補正が強力すぎる!
HERO7 Blackは、動いている間も、とっても滑らかで安定感抜群のタイム ラプス ビデオを撮影できます。

HERO7 Silver(ミドルシップ)

GoPro HERO7 3つのモデルを比較レビュー!Blackは手ぶれ補正が強力すぎる!
  • 簡単な手ブレ補正機能つき
  • 動画は4K/30fps

簡単な手ブレ補正機能つき

HERO7 Blackには劣りますが、手ブレ補正はGoPro HERO5 Blackと同じBuilt-In Video Stabilizationを使用しています。
もちろん「Black(フラッグシップ」はかなわないですが、それでもまぁまぁ手ぶれを補正してくれます。

動画は4K/30fps

動画サイズが4K/30fpsとHERO5と一緒です。

HERO7 Silver(ミドルシップ)を簡単にまとめると!
動画サイズや機能などをみると、HERO7 Silver(ミドルシップ)は、バッテリー内臓タイプのHERO5みたいな感じですかね。
個人的な意見としては、バッテリーが取りはずし可能なことを考えるとHERO5の方が、おすすめですね。

HERO7 White(ローエンド)

GoPro HERO7 3つのモデルを比較レビュー!Blackは手ぶれ補正が強力すぎる!
  • 価格で勝負
  • 動画サイズは1080p/60fps、写真は1000万画素/15fps

価格で勝負

HERO7 White(ローエンド)は31,860円と価格で勝負といったところでしょうか。
バッテリーは内臓タイプですので、予備のバッテリーを持ち歩いての長時間撮影はできません。
ウェアラブルカメラの性能としては悪くはないと思いますが、少し中途半端なスペックのような気がします。

動画サイズは1080p/60fps、写真は1000万画素/15fps

動画サイズは1080p/60fps、写真は1000万画素/15fps。
ちょっと残念なスペックですね〜
今は4Kが当たり前の時代になってきているので、少しものたりない気がします。

まとめ

3機種同時発売された「GoPro HERO7」ですが、購入するなら絶対にBlack(フラッグシップ)がおすすめです。
理由は、

  • バッテリーが取り外し可能で予備のバッテリーを使い長時間撮影できる
  • 最高級の手ぶれ補正がついていてジンバルいらずである
  • スーパーフォト機能がついていて画質がよい
  • Facebookにライブ ストリーミングできる
  • 動きながらタイムラプスが可能である

この5点があるからです。

バッテリーが取りはずしタイプでないとかなり不便ですので、Silver(ミドルシップ)や、White(ローエンド)を買うくらいなら、HERO6やHERO5を買ったほうがいいと思いますよ。

1時間程度の短い撮影しかしない方は、Silver(ミドルシップ)や、White(ローエンド)でも問題ないと思いますけどね。

それとこの動画をみれば絶対に「GoPro HERO7 Black」の良さがわかると思います。
GoPro HEROシリーズを持っていない方は絶対に買い!ですよ。

ベイトフィネスリール おすすめ10選の紹介!!