ルアー

【バス釣り】ノーリーズ タダマキ112 インプレ・使い方

【バス釣り】ノーリーズ タダマキ112は、激流の中でもジャークするおすすめルアー!
スモールマウスバスはラージマウスバスがいないような場所にいる場合があります。
それは激流の中。

youtubeで動画配信しているyasuさんは、激流の中にキャストしてスモールマウスバスをよく狙っています。
僕もスモールマウスバスを狙うときは、激流まではいかなくても「サラシ」のある場所を狙います。

サラシとは障害物に流れがあたり白い泡となり濁っているところ。バスの中でもスモールマウスバスは好んでこの場所に生存し、ベイトの捕食をしている。

激流の中でのルアー選び

軽い流れ程度でしたら、他のルアーでも水中にもぐっていきますが、激流となるとなかなか水流をつかむ事ができず水面に浮き上がってしまう事が多々あります。

そこでyasuさんがおすすめしているのが「タダマキ112」です。
以下ノーリーズホームページ引用↓

一見、オーソドックスなロングビルミノーのスタイルながら、全く新しいコンセプトを纏ったのが「タダマキ」。その狙いはただ巻きで使うクランキングミノー。細身ボディでローリングアクションのプラグがクランクベイトのレンジを攻略することにあります。しかも通常のロングビルミノーが最大深度でも頭下がりの姿勢で泳ぎ続けるのに対し、独特なリップ形状によってナチュラルな水平姿勢で最大深度をキープします。リップ裏面にはキャスタビリティを向上する“キャスティングフィン”を採用し、ロングキャストによる長いレンジトレースを可能にします。クランクベイトとは違うシルエット、ロングビルミノーとは違う姿勢でビッグバスのレンジへ到達する「タダマキ」。ジャーク&ストップが効果的な春先はもちろん、オールシーズンをただ巻きで攻略して下さい。

リップの形からなのか、水流をうまくつかみ、激流の中でも水中にもぐっていきます。
僕も実際に試してみたところ、他のルアー(スレッジなど)とくらべて水流をうまくつかんでいく印象をうけました。

ただし、場所によっては「ねがかり」が怖いです。

実際に「タダマキ112」でyasuさんがスモールマウスバスを釣っている動画がこちらです↓↓

見事ビックスモールを釣り上げています。
羨ましいかぎりです。

是非激流の中でスモールマウスバスを狙う場合は「タダマキ112」を使用してみてください。

ノーリーズ タダマキ112 インプレ・釣果


僕が釣ったわけではありませんが、こちらも「サラシ」の中で釣れたスモール。
43センチくらい。

yasuさんの動画の撮影・編集環境

ウェアラブルカメラ

パナソニック(Panasonic)HX-A500を使用して動画を撮影しています。

VivaVideo


動画はスマホアプリの「VivaVideo」で編集しています。
撮影した動画をスマホにwifi接続で移動して、それからスマホで編集してyoutubeにアップしています。
パソコンを使わないでもこれだけの動画が作成できるんですね〜。

動画撮影に興味を持った方はこちらの記事を参考にしてください↓
【2018年版】ウェアラブルカメラの比較と評価 釣りの動画撮影におすすめな機種をまとめてみた
ベイトフィネスリール おすすめ10選の紹介!!